Analemma

Analemma

In complete darkness. One white thin light line is projected and it moves up continuously. White polyester threads weaved randomly whole space in the space. It works as a 3D screen. The audience will be surrounded by several thousand of tiny light points which moving up. Since the threads are weaved at a random angle, each light points seem moving at a different velocity.

I believe that space itself has beauty. However, space is not visible and touchable. Light is the purest material which can change space tangible. When density becomes limitlessly low and reached to the limit that people can feel some kind of existence, the material loses it’s materiality and remains only as a quality and space. In this work, the audience will feel as they were in the water.

暗い森の中、上昇する無数の光の粒に囲まれる体験をする。空間内に立体網目状に、数㎞に及ぶ白い糸が張り巡らされている。それを三次元のスクリーンとして、プロジェクターから細い光の線が照射される。光の線は繰り返し足元から現れ、上昇しては消えていく。糸と光の線の交点に、光の粒が現れる。光の線の上昇速度は一定だが、光源からの距離と、編まれた糸の角度によって―糸が水平に近いほど速く垂直に近いほど遅い―、全ての光の粒が異なる速度で動いているように見える。シンプルな素材、単純な構造でありながら、複雑な現象が起きる。またDLPプロジェクターの欠点である色相のずれにより、光の粒は微かに虹色がかっている。作品内部には、通り抜けられるいくつかの道と、広い空間があり、苔に覆われた柔らかい地面に寝転がり、天の川を背景に作品を体験する。

目に見えず、触ることのできない、「空間」というものが美しさに関係しているのではないか。過去に画家達はときに科学的に、ときに感性を通じ、平面上に空間を表そうと工夫を重ねてきた。建築や自然の中で感じられる心地良さに、空間が影響していることは誰もが経験したことがあるだろう。では空間とは一体なにか。ベクトル量とスカラー量で三次元上の位置座標を表すことが出来るが、それは美しさを孕んだ空間と同じものだろうか。ダンサーやアスリートが身体で捉えている空間はどのようなものだろうか。あらゆるものはその中に存在しているにも関わらず、空間自体を知覚することは叶わないが、希薄な物質で空間を満たし、知覚可能な存在に近づけることで、美しさ=空間そのものが立ち現れるようにした。

Photo: Sander Heezen

Into The Great Wide Open/Vlieland, Netherlands
2019
Silk thread, Projector
Flexible D:30m x W:15m x H:12m

Analemma R

Photo: Yasuhiro Chida

Toyoshina Art Museum/Azumino, Japan
2019
Silk thread, Projector
Flexible D:15m x W:8m x H:3m
Animation: ayaka nakamura

Analemma 0

Photo: Yasuhiro Chida

Nieuw en Meer/Amsterdam, Netherlands
2018
Fluorescence thread, Projector
Flexible D:3m x W:3m x H:6m

Download

Analemma